解説強羅温泉の歴史

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

強羅温泉の歴史は、明治21年(1888)に早雲山からの引き湯で
 開発が始まった。
 
 強羅の地盤は非常に固く、亀の甲羅のようであるというところから
 甲羅が訛ってゴウラになったという説があるように、地盤が固く、
 岩が多いという地形の特徴があった。

 農地として利用するには程遠く、特に史跡などの名所もなかった
 強羅だったが、山桜、山百合などが生い茂る雑木林の荒地強羅の
 将来性に着目し、開発に心血を注ぐ人物が現れた。

 本格的な温泉開発は、明治45年(1912)ごろから。
 早雲山や大涌谷からの引き湯、旅館の開業、宮城野-強羅-早雲山
 をつなぐ道路の開通などで、温泉郷としての土台が作られ、
 小田原電気鉄道の温泉付別荘地としての土地分譲開発が続いた。
 
 大正8年(1919)に箱根登山鉄道が開通すると、温泉保養地として、
 また、高級別荘地として発展した。
 
 現在は、かつての別荘が旅館や保養所に姿を変え、一大温泉郷を
 作っている。



TOPPAGE  TOP